小説検索

「未分類」を含む小説

  • 「ねをはる」の使い方 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 何かと物騒な世の中、いつ泥棒が入ってくるかわかったものではありません。とある男は夜中に家に泥棒が入ってくることを恐れ、どうすれば泥棒が来ないか、隣に住む老人の知恵を借りることにしました。 老人の家を訪ね、泥棒について話す […]