小説検索

「」を含む小説

  • 学園スターティング ()

  • カテゴリー: タグ:
  •             リバティガーデン島西部 「うっし。気を付けて降りろよー。よーし」 威勢のいい声が響き渡り、それと同時にまだ大人とは言えない少年少女のの声 […]
  • 最終話≫それから ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  いずれ来る終わりの為に。      1  ここから先は所謂後日談という奴である。そこは踏み入れたい者のみが踏み入る事を許された世界であり、知りたいと思う者が知ることを許されている世界である。知りたい事があ […]
  • 第八話≫傷名“凍尾銀白” ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  どうか、貴方が生きているなら、私を嫌いにならないでください。      1  その雪山『冷凍山脈』に於いて、ポケモンという存在を侮る事は、やはり安直な考えであり、失礼であり、侮辱行為であり、浅はかなモノの […]
  • 第七話≫血 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  偽善者にもなれない奴が善人になれると思うなよ。      1 「今だ、前衛はナイフを使って牙の猛攻を止めろ! 後衛は『アパシーバレッド』で胴に集中砲火しろ!」  アルデバランド。割と軍事基地から近辺に位置 […]
  • 第六話≫DYSTOPIA FORCE ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  御前が夢ばかり見ているものだから、現実が不貞腐れてしまった。      1  まず、予備知識として『ポケットモンスター』という特殊生物について触れておくことにしよう。  かつてこの世界、この地球には『ニン […]
  • 第五話≫欠落した世界、悦楽した視界 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  僕が悪いからって、君が僕を叱っていい理由にはならないだろう?      1  地球上で、所謂温帯と呼ばれていた湿度、気温共に適度に保たれている──こう言ってはなんだが、かの『冷凍山脈』からすれば、随分と人 […]
  • 第四話≫殺戮兵の資質 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  成程。君の言いたい事は大体解った。で、何の話だっけ?      1  夜栂瀬宵闇はチョコレートが大好きである。それも俗にミルクチョコレートと呼ばれる飛び切り甘いチョコレート、ついでに言うなら、砂糖が丹念に […]
  • 第三話≫英雄譚の一端を垣間見る ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  生き方を間違えました。      1 「考えてみたまえ、夜栂瀬。正義という概念を構築するためには、その対極であるところの悪が必要最低限、必要なのよ。必要悪という単語の元は多分このことだわ。私達、ポケットモ […]
  • 第二話≫暴虐、名をポケットモンスターと云う ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  君は何も知らないんだね。      1  ここらで少し彼女の話をしようか。宵闇や痕丸を含む少年兵達から散々『鬼教官』と呼ばれている彼女の事を。しかしながら、この話は概ねどうでも良い話であって、聞いたところ […]
  • 第一話≫極寒地帯、少年は雪原でぼやく ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  さて、準備の出来た者から滅んでください。      1  戦争は、或いはいつの時代だって起こるものなのだと少年はある種の達観したような眼差しで世界を見つめていた。全てのキッカケは「偶々」であり、事象の起源 […]
  • 第零話≫鈍色の雪雲、鈍色の少女 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      0  障らぬ神に祟られる。      1  もしも少女に願いを叶える権利が委ねられたとするならば、果たして少女はどうするであろうか。現実には敵わない事を知りながら、夢が叶うだなんて思うのが随分と図々しい事だと知 […]
  • 銀白英雄譚 ()

  • カテゴリー: バトル R指定作品 SF タグ: 【完結】 英雄譚
  •  彼の名前は夜栂瀬宵闇。  何処にでも居るようで何処にも居ない少年。  突如現世に芽吹いた突発的破壊衝動型特殊生物『ポケットモンスター』が現れた時、彼の世界は大きく一変した。  そして、新たに出逢う誰かの為にその世界は再 […]
  • 四匹目 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 高い崖に囲まれた泉の畔。一年中花が咲き乱れ、深い霧の立ち込めるその場所に、その洞窟はあった。そこはあの世とこの世を繋ぐといわれる場所だった。入るたびに中の構造が入れ替わり、うまく進むと知らない世界への入り口に辿り着くとい […]
  • 045 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 数えきれないほどにたくさんのスポットライトが、もうすぐわたしたちが立つ予定のステージを眩しいくらい照らしている。この後で何でも一番難しい、『マスターランク』と呼ばれるコンテストも控えているためなのか、会場内は既に多くの人 […]
  • 044 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • コリンクと一緒にポケモンコンテストのエキシビジョンマッチへ参加する、と決まってから、時間はあっという間に過ぎていった。アヤコさんの宣言通り、ヨスガシティに到着した翌日からお互いのポケモンがどんな風にわざを出していくのか、 […]
  • 043 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 目立った外傷はなくとも、なぜか自ら動く様子のないポケモンをそのまま観察していると、唐突にお腹が鳴る音が辺りに響きわたる。私のでも、ましてやゲッコウガのでもないそれはどうやら目の前のポケモンから発せられた音らしく、そこで私 […]
  • 三匹目 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 険しい山の麓に、土地を切り開いて作られた小さな村があった。よく地震が起き、そのたびに落石による被害の出る村だった。でも、その村の人々は、そこでの生活をやめなかった。というよりも、ずっと暮らしてきたその場所を捨てるという考 […]
  • TRICK6-7:アウフヘーベン ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  夢は漠然としているけれど、それでも少女はそれを心の中で確かなものにしている、そんなつもりで生きている。  あの言葉が、今の自分を動かしているすべてであると、きっとそんな風に思っている。  だからこそ、それを否定する存在 […]
  • 『夜霧』 3 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 朝 「それじゃ、始めるかね」 俺は、昨日貰った情報を片翼に絡ませる。さて、どうしようか 昨日夜霧には、任せろ、と言ってある。だが、正直言ってすぐに何かができるわけではない。最初から思っていたことだが、朝起きて頭が冴えて再 […]