小説検索

「」を含む小説

  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】003話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-003】ポケットモンスター おじさんとテールナーに助けられた後、1時間ほどして私は港に付いた。 時刻はすでに夕方を回り、海に沈む燃えるような夕日がとても綺麗だ。 港、といっても砂浜にボロ小屋とくたびれた桟橋、小さ […]
  • 七匹目 其の壱 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ボクの話をするには、ある男の話から始めなければならないね。後で聞いた話だけど、そいつは元々孤児で、お金もほとんど持っていなかった。そのくせ、値が張っていそうな黒いシルクハットにスーツを着こなして、路上でマジックショーをし […]
  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】002話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-002】レディバ、襲来。   朝がきた。 マーの寝返りにより、彼の持っていたホネが私の顔面を打ち付ける。 「いでっ………」 「…………マー?」 「っつ………あ、マー?おはよう。」 随分長いこと寝たので目 […]
  • 未知との遭遇!ウルトラ調査隊! ()

  • カテゴリー: タグ:
  •           龍弥「さーて、出発しますかね」 リーン「ん。・・・準備は、ばっちり・・・!」 リーリエ「次の試練に向けて、気合十分ですっ!」 と、荷物をまとめそう意気 […]
  • ポケットモンスター Illegal Gene 001話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-001】 《⚠当作品はゲーム、『ポケットモンスター(©GameFreak)』の二次創作です。 登場する人物はゲーム本編とは一切の関係がありませんが、作者の曲解により、ゲームとはやや違った世界観で構築 […]
  • ポケットモンスターIllegal Gene ()

  • カテゴリー: 冒険 タグ:
  • ポケットモンスターIllegal Gene とある農村の田舎娘ベレーは、6年前に姿を消した兄ニットを探すため、カラカラのマーとともに冒険の旅へと出かける。 そこで彼女は多くの人やポケモン、そして運命を歪められた者たちと出 […]
  • Jょ>ぶ<4―ちいあ>の せんた>J ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ……………………………… おい、どこだよ、ここ。 「ボクはご主人が嫌いだ。」 そういう台詞で始まるはずだろう? 何でこんなに暗いんだよ。 何で何もないんだよ。 おい、何とか言えよ。 ボクに助言した奴がいただろう? ボクを […]
  • 第4話 最初の依頼 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •   「はぁ…はぁ…」 「あともう少しよ、頑張って!」 「うん……そういえば、あとどれくらいで着くの?」 「そうね、今でざっと半分くらいかしら?」 「えぇ…そんなぁ……」       […]
  • 授業中。 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •           4月27日 金曜日 「おはよ~」 「あ、おはよー!」 挨拶が飛び交う教室内。そろそろ入学して1ヶ月となるクラス内では、時間に余裕をもって登校する者。ギ […]
  • しょくぶつ3―だいさんの せんたくし ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ボクはご主人が嫌いだ。なぜかって? 正確には、ご主人自身は嫌いじゃない。ご主人の「せいへき」(いつだったか誰かに教えてもらった言葉だ)ってやつが嫌いなんだ。 普段のご主人は、ボクにすごくよくしてくれる。決まった時間にご飯 […]
  • 『会遇』 1 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •               爆発騒ぎから数日。やっと二次災害の危険が無くなったと判断された西地区は、自警団の手から解放された 「今日、もう一度足を運ん […]
  • しょくぶつ2―「がまん」する ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ボクはご主人が嫌いだ。なぜかって? 正確には、ご主人自身は嫌いじゃない。ご主人の「せいへき」(いつだったか誰かに教えてもらった言葉だ)ってやつが嫌いなんだ。 普段のご主人は、ボクにすごくよくしてくれる。決まった時間にご飯 […]
  • 025 わたしは大丈夫だから ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 「魔法使い協会って?」 「そのまんまだ、魔法使いで1番の権力を持ってるとこだ。 魔法に関する条例とか法律とか……そーゆー細かいとこ決めてる」 ミツキがモモコにざっくりと説明している傍らで、ディスペアはポーカーフェイスを貫 […]
  • 島内見学。 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •             「っつー訳で、ここが最後のチェックポイントだな」 「つかれた・・・」 「お疲れさま。零治君も案内ありがとね」 いやいや、といつも通りの軽 […]
  • 024 原因は分からないの ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 「あなた、本当は人間でしょ?」 風邪が治ったモモコが仕事復帰したその日の朝、ディスペアは確かにそう言った。 他の魔法使いの影もない、日なたよりも少し薄暗いマジカルベース本部の建物の裏。 あまりにも単刀直入すぎたのか、モモ […]
  • しょくぶつ1―「しょくぶつ」にする ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ボクはご主人が嫌いだ。なぜかって? 正確には、ご主人自身は嫌いじゃない。ご主人の「せいへき」(いつだったか誰かに教えてもらった言葉だ)ってやつが嫌いなんだ。 普段のご主人は、ボクにすごくよくしてくれる。決まった時間にご飯 […]
  • Choice ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ・この小説は、ポケ庭SSコンに投稿した「Choice(お試し版)」の連載版です。 ・この小説は、他の小説に関する事前知識を必要としません。ただし、ポケモンに関する事前知識は、ある程度必要になるかもしれません。 ・この小説 […]
  • 死神たちの集い ()

  • カテゴリー: タグ:
  • いつかの時代、どこかの場所。人工的な明かりのない暗い場所に、六匹のポケモンがいた。 一匹は、顔のついた丸い体に短い手足と耳のついた、真っ白なポケモン。 一匹は、犬のような体に悪魔のような装飾が施された、黒いポケモン。 一 […]
  • 六匹目 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 暗い森の奥深くに、巨大な黒い繭があった。繭は時折心臓のようにドクンと音を立てて脈動する。その姿を見た者は恐れおののき、その場所に近付こうともしない。 そこはかつて、歴史史上類を見ない大破壊が行われた土地だった。森は黒く枯 […]