小説検索

「」を含む小説

  • 7.忘れられない過去(ライ その3) ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 一撃一撃が重いせいで、俺から仕掛けることができない。ずっとのんびり暮らしてきただけの俺は戦闘に関する知識がほぼ皆無だ。甘えた攻撃でもしようものならカウンターを喰らって死に繋がる。幸いなことに俺の方が速い。何とか一発で仕留 […]
  • 職人と鏡 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • ミオシティに戻ってすぐ、僕はポケギアをバッグから引っ張り出した。しばらく使っていなかった友人の名前を選んで、通話ボタンを押す。しばらく呼び出し音が鳴ってから、ポケギアの向こうから寝ぼけ気味の声がした。 『……何か用?』 […]
  • 教えるもの、教わるもの ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  カロス地方の或る道路の脇において、一匹のルカリオと一羽のルチャブルとが闘いを繰り広げていた。  この闘いは、始めこそルカリオが優勢であるかのように見えた。ルカリオよりも随分小柄なルチャブルを覆うように攻め、打撃技を次々 […]
  • 二 訣別の果てで待つものは ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  僕が凛太郎を飼っていたという事実は、社会人になってからは誰一人として話したことがない。親はもちろんのこと、会社での知り合いにも一言も伝えてはいない。だから、今、僕の目の前でピジョンのヘンリーと仲睦まじく触れ合っている山 […]
  • 一 飼主失格の烙印 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  時はすっかり日が沈んだ頃、帰路につく人ですし詰めとなっている電車の中、僕は揺られるのを何とか堪えながら帰宅した後のことを思っていた。今週の業務は何とか終え、明日からの二日間は週末休みである。ただ、二日間の休日があると言 […]
  • 予兆――旅立ちの合図 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  それは、もしかすると、私の旅の始まりを告げる合図だったのかもしれない。もしくは、他の何かしらを告げるものなのかも分からない。いずれにせよ、私にとって意味のある「お告げ」だったことだけは、確信が持てる。   *  当時、 […]
  • 眼の先にある未来 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  その日の大学の講義を何とか終えた僕は、アパートの自室にまでようやく辿り着いた。道中の足取りは、思いの外重かった。身体全体に対し疲労がのしかからんとしているかのようだ。  陽はまさに暮れようとしていた。渡り廊下の外から差 […]
  • 眼の先にある未来 ()

  • カテゴリー: 文学 タグ: 【完結】 日常
  • ・みぎめは みらいを ひだりめは かこを みていると みなみアメリカで つたえられている。 ・いちにちじゅう ネイティオが じっとしているのは みらいよちで わかった おそろしい できごとに おびえているからだと しんじ […]
  • ネイティオと僕 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  太陽が東から南の方へと向かっている頃、僕はとある大きな公園のベンチに座り込んでいた。そばには、僕の飼っているネイティオのウィルが立っており、じっと僕の方を眺めている。ウィルは、標準的なネイティオに比べたら少々小さめであ […]
  • 新月と孤独 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  数分後、僕は夢で見た島の入り口にいた。 「できれば今からでも、彼と話がしたいのだけれど」 と僕が頼むと、クレセリアは 『わかった。新月島まで連れていくわ』 と言って、僕を背中に乗せてくれた。  クレセリアは、夜の静かな […]
  • 1 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • てすと
  • ポケ笑点 ()

  • カテゴリー: タグ: 【完結】 ポケ庭SSコン
  • ポケ庭様SSコンの作品。名前の通り、ポケモン達が笑点をする、まったりとした作品。懐かしい人には懐かしい。初見さんでも面白い。さて、お決まりのあの文句とともに、楽しくも短き時間を……… 「お待たせ致しました。大喜利のお時間 […]
  • 座布団10枚の合言葉 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •           テンテケテケテケ・・・テンテン テンテケテケテケ・・・テンテン ポッ テケテケテーテケテケテケテー テテテテテーテケテケテケテー テッテーテテッテテ […]
  • 蝕物 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  満月に照らされた湖の穏やかな水面へ、散りゆく桜の花びらが躊躇いもなく落ちていく。  私に限らず、この光景を他に見ていた者がいたならばきっと誰でも一度は目を奪われていたのだろうけれど、夜も大分更けてきた時間帯であるからか […]
  • 第29話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •     「やはり、烏龍茶はオールマイティな飲料ですね。このさっぱりとした後味は点心にも洋菓子にも好相性です 」 「あら、その肩書きは緑茶のものではなくて? 微かな渋みと未発酵ならではの甘みこそ、料理の […]