小説検索

「」を含む小説

  • 2 日常―2 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • がらり  特有の軋みを立てて教室の扉を開ける。一瞬その音に周りが注目する。そしてその扉の奥から姿を現したのが見知ったクラスメイトということでたいした興味もなく視線を元に戻す。  最初に入ったのは理都だからであった。地味と […]
  • 勉強会。 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •       4月28日 ~ロアードの部屋 瑠璃と一緒に行ったショッピングセンターで買ったカップ。特別感がある訳でもなく、何か意味があって買ったわけでもない。しかし、白を基調として水色のストラ […]
  • 1 日常ー再登校 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •  その日は神崎樹にとって乗り気ではなかった。  乗り気があった日のほうが少ないだろう。自分の知らない世界に、しかし相手は自分を知っているという奇妙な世界に行くのだから。 テクテクと革靴の音を響かせながら手元に持った地図を […]
  • 俺とあいつが壊した世界 プロローグ ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 時は夕暮れ、日は沈み、沈む陽光で、世界は紅く染まっていく。  場所は砂浜。だが、その砂は、何かの人工物のように、真っ白で、雪というよりは白いビーズを敷き詰めたようなその浜は、夕日の色でほんのり橙に染まっていた。  太陽か […]
  • はじめに ()

  • カテゴリー: タグ:
  • この小説はX年前に構想し、中断した小説です。 かなり毛色が異なる、ポケモンを知らない世界の主人公たちがポケモンに出会う形式で、ポケモンがでてくるまで時間がかかりますが、温かい目で更新を待ってくれれば幸いです。
  • Ep.25 ヘルシェーロの預言 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      94  新しい何かを作りたかっただけだ。  今までのすべてを壊すつもりはなかったんだ。      95  シエル地方。  広大な土地と壮観な眺めが拝める、島国のような土地である。  そもそも、何故そこがシエル地 […]
  • Ep.24 褪せた理を切り裂いて ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      91  君の世界は私が廻す。  私の世界を君が廻しているように。      92  世の中、常に正しいことが美徳とされているわけだけれど、どこかの誰かが記した文章の中にこんなニュアンスの一節が存在する。  『2 […]
  • Ep.23 ソルカのスタートライン ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      87  誇りなんて吐いて捨てるものだよ。      88  ティオルフィード家は所謂恵まれた名家であるということは、前述しただろうか。  財力があって、人脈があって、格式が高くて、カーストにおける立ち位置も高く […]
  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】010話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-010】唐突な挑戦権 私はガロンの後を追って坂道を上る。 やはり沿岸の街なだけあり、陸風が非常に冷たい。 坂道は狭く急で、私の脚には相当な負担がかかる。 それでも、息絶え絶えになりながらガロンの跡をつけた。 ガロ […]
  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】009話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-009】優しいから 港の人混みを縫いつつガロンを追っていくと、たどり着いたのは白いレンガで出来た広めの建物だった。 中は他の民家と同じく石畳や木のテーブル、オイルランプでアンティークに装飾されているが、それに不相 […]
  • Ep.22 戯言だけが生きている ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      84  可哀想に。  お前が呼吸をしただけでこんなに景色が色味を消した。  ああ、可哀想に。      85  ソルカは賢い人間でありたかった。  それは学者になるだとか、研究職に就くだとか、そういった学問的側 […]
  • Ep.21 腐敗した雨に導かれ ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      80  生きる意味も理解できない俺の将来なんかに、値札がつくほど甘い世の中なんかじゃなかったんだ。      81  閑静な街並みに銃声のような咆哮が響き渡ったかと思われたが、それは存外簡単に噛み砕かれてしまっ […]
  • Ep.20 咬み砕かれた銃弾 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      74  何故、わたしの存在価値が割引されてしまうのでしょう。      75  視線が交錯する、という表現があるけれど、それはつまりはどういうことなのだろうか。  例えば、互いが互いに視線を送りあっていれば、そ […]
  • Ep.19 根拠の無い証明 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      68  弱そうに見えるくせに、私の強さをあなたの物差しで測るのをやめていただけませんか?      69  オルティガシティは鉄粉にまみれたような色味のない街である。  シエル地方においてトレボルシティからそこ […]
  • Ep.18 スクランブル・ザ・フィーリング ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      64  博愛主義とは、世界を愛する為に一人を切り捨てること。  偏愛主義とは、一人を愛する為に、世界を敵に回すこと。      65  つまりは人を好きになるということに条件を必要とする割に、人を好きになるとい […]
  • Ep.17 黄玉の豺狼 ()

  • カテゴリー: タグ:
  •      60  ずっと、その言葉だけを望んでいた。  ずっと、その言葉の為に臨んでいた。  だけど、この気持ちは感謝じゃない。  ましてや、この気持ちが終着点でもない。  恐らく、この気持ちこそが新たなスタートライン。 […]
  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】008話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PSー008】弱点(VSビーニー) 「ふぃ〜…………」 「マー……………」 オシャマリとマーは睨み合いの体制に入る。 否、オシャマリは常に笑顔を向けているので、いまいち殺気や闘志というものが伝わってこない。 「どうした […]
  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】007話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-007】到着 私がゴーちゃんを仲間にした翌日の昼、ただただ水平線のみを臨む大海原の先に、ようやく広大な陸地が見えてきた。 「ほらベレー、アレがツミノギ地方だ。」 「わぁっ………!!」 生まれて初めて訪れる遠い辺境 […]
  • 勝つために必要な物とは ()

  • カテゴリー: タグ:
  •             さて、突然だが。ポケットモンスターの世界には、現在各地方に点在するポケモンリーグが6つ存在する カントー、ジョウト、ホウエン、シンオウ、 […]
  • 【ポケットモンスター Illegal Gene】006話 ()

  • カテゴリー: タグ:
  • 【PS-006】捕獲と参入 密猟者との一戦から一夜開け、日が昇ったあと私たちは漁船に乗ってツミノギ地方へと向かっていた。 昨晩、本来ぼうふうを習得しないはずのドンカラスが、何らかの理由でぼうふうを覚えてそれを使用していた […]